これだけは押さえておきたい。不動産査定の3つのポイント

土地や住宅といった不動産の売却を検討される際には、業者の査定を受け、物件の値段を見積もってもらうことになるでしょう。不動産は大きな売り物ですから、できることなら高値で売りたいところです。ここでは、査定をする前に知っておきたいポイントを3つに分けて紹介していきます。

査定評価を高めるアピール法とは

業者に不動産の査定を依頼すると、その会社から送られてきた担当者が物件の外観から中身までを詳しくチェックします。戸建て住宅においてもマンションにおいても言えることですが、物件の評価を決めるポイントには、「売主の努力次第で評価を上げられるもの」と、「売主がどう頑張っても評価を変えられないもの」との二種類があります。担当者の評価を高めるためには、自分達で評価を高められる点をきちんと押さえて、それのみに特化したアピールを行うのが重要です。
物件をチェックしにくる担当社員は、言うなれば不動産売買のエキスパートです。最寄り駅からの距離や地価相場、築年数や配管設備の老朽具合といった様々な特徴から、物件の価値を総合的に判断します。今挙げたような物件の特徴というのは、売主にはどうにも変えようのない事実です。ですから、それらの調査は担当者の方に任せておいて、担当者には分からない「暮らしやすさ」の側面を中心に物件をアピールしましょう。具体的には、台所や浴室の使いやすさ、防音や風通し、ご近所の雰囲気や静かさなどのアピールが効果的です。雨漏り補修やシロアリ対策などのリフォームを加えている場合にも伝えておきましょう。これらの特徴は実際に暮らしてみなくては分からない部分が多く、内覧に訪れた購入予定者にも伝えられる魅力であるため、評価額のアップに繋げることができます。もちろん、それらの魅力が実感されるように、部屋の片づけ・掃除や換気は前もって行っておきましょう。

査定金額は業者それぞれ

物件の販売評価額にはある程度の相場がありますが、どこの業者に頼んでも同じ金額になるとは限りません。そのため、自分の理想に近い評価結果を得るには、複数の会社で見積もりをとっておくことが欠かせないと言えます。
業者によって見積もり価格に幅が出るのには事情があります。その地域でのセールスに特化した業者であれば、他の業者より高く確実に売るノウハウを持っているケースも多く、そういった業者は評価額を高く設定できるのです。また、古民家やいわゆる「事故物件」を得意とする業者もあり、その条件に該当する物件であれば高く見積もるといった場合もあります。
不動産売却の見積もりは、無料で行ってくれる業者がほとんどです。売却を検討し始めた早い段階から見積もりにも手をつけ、なるべく3~5社ほどからは評価を受けるようにしましょう。とはいえ、数ある業者の中からどの業者に頼めばいいのかと、迷ってしまうこともあるでしょう。依頼先の業者を絞る際には、始めにオンラインの一括査定サービスで調べてみるのがおすすめです。住所や物件の情報を打ち込むだけで、複数の業者の見積もりを簡単にとることができます。オンラインの一括サービスで示される結果はあくまで「概算」ですから、オンラインで得た結果を参考にして、実際に依頼する業者を判断するのに役立てましょう。

高額査定がいいとは限らない

意外と見逃されがちなことですが、不動産の査定価格は、高ければ高いほどいいというわけではありません。その値段で買い手がつくというなら高いに越したことはありませんが、物件価格をあまりに高く設定すると、いつまでも購入者が現れないといったことにもなりかねないのです。業者に物件を直接購入してもらう「買取」での売却であれば、そのまま評価金額通りに業者が買い上げてくれるので、より高額を提示する業者を選んでしまえばいいでしょう。しかし、不動産業者に「仲介」を依頼し、一般の購入者を募るというのであれば、その見積もり業者の示す「金額」だけではなく、「その金額で物件が売れるかどうか」も考慮に入れる必要があります。
物件を売りたいのは、その販売を仲介する不動産業者も同じですから、基本的には買い手のつく範囲内での見積もり価格を提示してくれるはずです。ですが、見積もりの担当者が評価を見誤ったり、物件やエリアへの知識に乏しかったりするような場合などには、時として無謀な価格評価が提示されてしまいます。この点から見ても、複数の業者から見積もりをとっておくことは大切です。複数の業者の評価金額を比較しながら、担当者がその価格に決定した判断理由や、売買契約に至るまでの販売戦略についても詳しく尋ね、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

売却成立を見据えて長期的な戦略を

不動産の売却においては、複数の業者から査定をとって比較し、実際に「売れる」業者とパートナーシップを組んでいくことが重要です。多くの場合、物件を売りに出してから購入者が決まるまでには、少なくとも数か月の時間を要します。それまでの期間に何度も顔を合わせ、物件の広告や内覧の際の立ち会いなど、あらゆる面で契約成立の力になってもらうことになる業者ですから、査定の価格だけでなく、担当者の人柄なども踏まえて吟味しましょう。不動産査定は業者が物件をチェックしにくるものですが、同時に売主が担当者をチェックできる貴重な場でもあります。必要最低限のことを受け身に答えるだけでなく、積極的に質問やアピールをし、将来の売却成立に繋がる査定にしてみてください。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す