マンション査定はここを見られる

生活の変化などでマンションを売却する必要が生じた際、不動産会社や査定会社に依頼し、査定をしてもらうことが一般的です。こうすることで相場やどれくらいの値が付くか知ることができます。
具体的にどのような点が見られるのか、是非知っておきましょう。

マンションの立地がポイント

マンション査定でまず重要になってくるのが、最寄駅からの距離です。特に東京や大阪など、都市部ではこの点が非常に重要な点になります。一つの目安になるのが「徒歩10分」です。これ以上駅から離れてしまうとマイナス査定になってしまいます。
最寄駅が交通の主要駅であれば、逆にアピールポイントになります。特急が止まる、新幹線が止まる、といった駅であれば、高く査定してもらうことができるのです。また、都市部の場合、徒歩で複数の路線にアクセスできる立地のマンションは評価が高くなります。
一転、地方の場合は駐車場の有無が重要視される傾向があります。特に車での移動が前提になってるような地域の場合、1家に1台ではなく1人に1台車を持っていることも多くあります。敷地内に複数台駐車できるか、駐車場の費用負担はどれくらいなのかが重です。
駅以外の周辺施設や環境も、最低でチェックされます。徒歩圏内に買い物ができるスーパーやドラッグストアがあるか、学校や公園などがあるか、は非常に大きく影響します。この他、病院や郵便局、コンビニ、銀行、役場などが近くにあると査定額が高くなる傾向があります。
周辺の交通状況も重要です。国道や高速道路沿いにマンションが建っている場合、交通量や騒音で値段が変わってくることがあります。

部屋の場所も重要な点

部屋がマンションのどの位置にあるか、というのもマンション査定では重要視されます。
まず重要視されるのが日当たりです。南向きであればそれだけ太陽が当たるので、プラス査定になります。西向きや東向きだと少し日当たりが悪くなるので、南向きに比べるとプラスは望めません。北向きの場合は少しマイナスになることがあります。
部屋からの眺めも重要です。眺めのいい部屋は人気があるため、高い査定が期待できます。同じマンションの同じ階でも景色の見え方は違うので、眺めのいい部屋は積極的にアピールするのがいいでしょう。昼の景色は大したことなくても、夜景が綺麗ならプラスになることもあります。逆に眺めが悪いと、折角の高層階でも査定額が下がることがあります。査定されるのは現在のみではありません。例えば近いうちに視界を遮るような高層ビルが建つ場合、現在は眺めがよくてもマイナスポイントになってしまいます。
角部屋は人気が高いため、例え低い階でも査定が上る可能性があります。高層階は人気ですが、そこで気を付けたいのがエレベーターです。エレベーターの数や稼働状況、高層階専用のエレベータの有無は査定に大きく影響します。それがないと朝の通勤時間にエレベーターが込み合い、なかなか出発することができなくなるからです。

見落としたくない部屋使用状況

部屋そのものの状態も重要になります。壁紙の痛みや汚れは、実はあまり問題になりません。これらは売却後簡単に張り替えることができるからです。逆に気を付けたいのがフローリングの損傷など、簡単に修理できない部分です。大規模な改修が必要になればそれだけ高額になる為、査定額が下がってしまうことがあります。
水廻りも特に注目されるポイントです。キッチンや浴室、トイレと言った場所は汚れが目立ちますし、生活の快適性に直結する部分です。これらも簡単に取り換えることができないので、使用年数を鑑み、消耗が激しい場合はマイナス査定となります。日頃からできるだけ綺麗に使うようにすることが望ましいと言えるでしょう。
マンション全体ではなく、個人が部屋に対してリフォームを行った場合、査定額がプラスされることがあります。リフォームについてはいつどの部分を改修したのか、聞かれればすぐ答えられるようにしておきましょう。ただし査定額を上げる為に改めてリフォームを行うのは損を招きます。100万円かけてリフォームを行っても、100万円査定額がアップする訳ではないのです。新しい入居者が自分の生活に合わせてリフォームを行うことも考えられるので、査定の為にわざわざリフォームを行うのはやめておくのが正解です。

良い点はアピールしていこう

この他にも、マンションの築年数や保守管理状態なども査定に大きく影響します。築年数は1981年に耐震基準が変わったため、それ以前のマンションは価値が下がる傾向にあります。
なるべく高くマンションを売るためには、なるべく高い値段で査定してもらう必要があります。持ち主の手で出来ることは少ないですが、やれることはやっておくことが大切です。そのうちの1つが掃除です。実は部屋の汚れに関して、掃除して落ちるようなものについてはあまり影響がありません。それでも汚れた部屋は、査定に来た人の印象を悪くしてしまうものです。少なくとも目につく部分については丁寧に清掃しておくことが望ましいでしょう。
具体的に査定に出す前に、是非確認してみてください。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す