不動産売却のお金の知識はシミュレーションで

不動産売却を進める前に、知ってきたいお金に関する知識はたくさんあります。
インターネット上には、不動産売却に関わる様々なシミュレーションサービスがあります。無料で何度でも、誰でも自由に利用できるシミュレーションサービスと、その活用法をご紹介します。

売却価格の目安を知りたい!まずは気軽にシミュレーション

不動産の価値は、築年数や間取りなど建物の状態、立地や最寄駅からの距離など生活環境、その地域の不動産取引価格の相場などから総合的に査定されます。また、権利や法令上の問題があると売買できないため、事前に調査が必要です。実際の販売価格を決定する際には、査定結果だけではなく、売主の希望する売買価格や引き渡し時期も考慮します。販売価格の決定や物件の売り方には各不動産業者のノウハウがあるので、複数の不動産業者に査定を依頼するのが重要です。その際には、査定結果やサービス内容、スタッフの対応などを比較して、販売力があるか対応が丁寧かなど、業者の信頼性も同時に見極めてください。
売却を検討している不動産の相場を、簡単に知ることのできるシュミレーションを提供している不動産業者もあり、個別に査定を受ける前に役立つ情報を得られます。マンションの場合は沿線や最寄駅からの徒歩時間、築年数や専有面積を専用フォームに入力すれば、すぐに査定価格を算出してくれます。一方、戸建住宅の場合は取引価格も物件ごとの差が大きいため、条件のみで正確な査定価格を算出することは難しいです。しかし、周辺売出相場を検索できるサービスもあるので、所在地周辺の物件がどれくらいの価格で販売されているか知ることができます。

仲介手数料ってどれくらいかかるの?

不動産の売買は、不動産業者を通して行うのがスムーズです。不動産業者の営業ノウハウを活用できるため、個人で買い手を探すよりも、効率的かつ確実に買い手を見つけることができます。
不動産業者に仲介を依頼し、売買契約が成立した場合は仲介手数料を支払います。売買金額の200万円以下の部分は5パーセント、200万円超から400万円以下の部分は4パーセント、400万円を超える部分は3パーセントと仲介手数料の上限は法律で定められています。つまり、売買金額が400万円を超える場合には、3つの部分に分けて計算する必要があります。仲介手数料の正しい算出方法を知っておくと、違法な超過請求にすぐに気づくことができます。また、仲介手数料について事前に説明をしくれない、諸経費を含めた金額として請求してくる業者には注意してください。
不動産売却の際の仲介手数料のシミュレーションができるサービスもあるので、業者に提示された金額が適切であるか、確認したい場合に役立ちます。
また、仲介手数料を支払うタイミング、支払いの条件などについても明確にしておきます。支払いは売買契約の締結時や物件の引き渡し完了時に行われるのが一般的です。2回に分割して支払うこともできるので、事前に相談しておくと安心です。

売却に関わる税金や諸費用を確認

不動産売却の際には、仲介手数料以外にも譲渡税や登記費用、売買金額に応じて売買契約書に貼り付ける印紙代などの諸費用がかかります。さらに、ローンが残っていた場合の手続きや、司法書士など専門家を依頼した場合に支払う報酬など、その他の費用が上乗せされることもあります。
譲渡税の課税対象となる金額は、売買金額から取得費と譲渡費用を差しい引いた金額です。取得費とは不動産の原価のことで、いくつか算出方法があります。一方、譲渡費用は、物件を売るためにかかった様々な費用を合計したものです。信頼できる不動産業者に相談し、項目ごとに整理して金額を把握しておきます。
このように、不動産を無事に売ることができても、諸費用や税金が差し引かれるため、売買金額がそのまま手元に残る訳ではありません。新しい住宅購入の頭金にしたいなど、不動産を売って得た利益の使い道が決まっている場合には、これら諸費用や税金のことも考慮して、どれくらいの金額が入るのかをチェックしておくことが大切です。
具体的な金額を簡単に知るためには、譲渡税や手取り金額を簡単に算出してくれるシミュレーションサービスの活用がおすすめです。売買金額と取得費、諸経費などをフォームに入力し、所有期間をチェックするだけですぐに結果が分かります。

売却金額以外の費用にも注目して

不動産売却の手続きを進めていく上で、売却に関わるお金の知識はとても重要になってきます。
査定額の目安や相場を算出してくれるサービスはよく知られていますが、その他にも仲介手数料や譲渡税の算出、さらに様々な費用を支払った後に残る手取り金額などをシミュレーションできるものもあります。
不動産を売却する時は、いくらで売れるのか、できるだけ高く売りたいなど、どうしても売却価格に関心が集中してしまいます。しかし、金爆に応じて仲介手数料や譲渡税、不動産の取得や譲渡に関わる諸経費など様々な費用についても、しっかり確認しておかなければなりません。
シミュレーションサービスを積極的に活用し、不動産売却に欠かせないお金の知識を深めてください。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す