必見!一戸建ての価格査定のポイント

所有している一戸建ての売却を考えた時、いくらで売れるのかを複数の不動産業者に査定してもらうことになります。そして査定結果をもとに、どの不動産業者と売却の媒介契約を結ぶのかを決めます。ここでは査定についてのポイントをご紹介します。

どの不動産業者に査定を依頼すればよい?査定の方法は?

売却を考え始めた早い時期から一戸建て査定を依頼する不動産業者を何社か選んでおき、その業者がどんな広告や売却に結びつく営業活動をしているか知っておくと良いでしょう。査定を依頼するポイントの一つとしては業者の数を3、4社程度に絞り込むことです。2社であると結果が妥当であるかどうか検証するには情報不足と言えます。また、多すぎると査定後の営業が煩わしく感じるかもしれないからです。査定依頼を受けると不動産業者は、売却物件から近いエリアの成約・売買事例や不動産市場の動向などのデータ分析をもとにして、不動産業者ではほぼ共通の価格査定マニュアルを使って査定します。同じ物件での売買事例の多いマンションであれば査定結果はどの不動産業者でもあまり変わらないですが、一戸建ての場合は、違いが出てきます。査定のもととなるデータの分析方法や売却物件エリアのニーズの捉え方が各社違っているからです。また、売却物件に明らかなマイナス要因があるようであれば、その判断の仕方で価格差が大きくなる場合もあります。ここで一つ注意しておきたいことは、他の業者に比べて高額な査定の業者があった場合です。社員数の多い大手で経験が浅い営業社員が、売却という最終目標ではなく、媒介契約をとることを優先とした結果、高額の査定となるケースがあります。高く売り出しても相場水準より明らかに高ければ買い手はなかなか付きづらく、さらし物件や、他の物件を売るのに利用されるまわし物件となる可能性があります。

査定のときに伝えるポイントと聞くポイントは?

不動産業者に査定を依頼すると、物件についての聞き取りがあります。その際、効果的に査定を進めるために、伝えることと聞いておくことをしっかり押さえておくのがポイントです。伝えることとしては、まずは査定にプラスになりそうなことを伝えることです。例えば、駐車場が広くて大きい車でも停めやすい、周辺道路状況から交通の便が良い、近所の人に親切な人が多い、などです。住んでみて初めて分かるプラス面は査定価格のアップにつながるのはもちろん、業者が営業する際のアピール面にもなり、買い主の購入の決め手となる場合があります。一方、マイナス面もしっかり伝えた方が良いでしょう。業者では分からないマイナス面、お隣との境界問題などのトラブル、物件での事故や事件、物件の設備の不具合などを隠していると、後で判明したときに売主の不告知となり、業者との契約上のトラブルにもなりかねません。ただ、プライバシーにかかわる問題などでなるべく多くの人に知られるべきではないことは、最終的に売却依頼を決めた業者にのみ伝えるのが賢明です。次に、聞くべきことです。複数の業者の査定結果は、市場データ以外に業者独自の経験や見通しが加味された価格となるため異なったものとなります。ここで、各業者に査定結果の根拠と販売方法について聞くことが大切です。話を聞くことで、業者の実績や販売チャネルなどの力量や信頼性が分かります。

査定のときのチェックポイントとコツ!

一戸建ての査定で少しでも高く評価してもらうには、不動産業者にいかに良い物件であるかをアピールすることがポイントとなってきます。一戸建てで買い主が重要視することは、マンションが利便性の良さであるのに対して、その生活性の良さです。例えば、将来リフォームや増築が可能なこと、地域の雰囲気や住民性の良さ、一戸建てであるがゆえに周りの騒音を気にする必要が無い、などです。買い主は、一戸建てを選択する理由として、家での生活のしやすさや子どもが安心安全に過ごせるかどうかの環境面を利便性より優先している傾向にあります。そして、不動産業者は訪問査定の際にどこをチェックするのでしょうか。重要視するところは、間取りや生活のスペースがどのぐらいとれるか、キッチンやバスルーム、トイレなど水回りを中心とした設備の使い勝手の良さや劣化状況です。また、家そのものの傷み具合や害虫被害の可能性などもチェックされます。では、訪問査定の対策はどのようにすれば良いでしょうか。部屋や廊下にはなるべく物を置かないようにし、少しでも広く見せることで生活スペースの広さをアピールするのが良いでしょう。また、家の換気をし、カーテンは開けて明るく快適な雰囲気をみせるのも重要です。生活の中心となる玄関とリビングルームは特に重要で、できるだけ明るく広くみせるようにします。そして、水回りの場所は換気をし、臭わないようにしておきましょう。

ご自身の家をよく知ることが良い業者選びにつながります

一戸建ての査定は不動産業者でも、実際に売却するのはご自身で、その物件に一番詳しいのもご自身です。査定時には物件のプラス面はもちろんマイナス面も伝えることで、より精度の高い査定結果が得られます。少しでも高い査定を得られるように、アピールできるところはしっかりアピールすることも大切です。訪問査定の際は、周りの住民性や地域性の良さを伝えたり、家が少しでも広く明るく見えるような工夫をしたりして、生活のしやすさを分かってもらいましょう。そして査定後は、なぜそのような結果となったのか納得いくまで話を聞くことが大事です。売却は不動産業者の力量で差が出てきます。査定の際は、ぜひ良い不動産業者を見つけてください。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す