サポート力で選ぶなら野村の仲介

不動産の売買は、最終的に自分の責任で決断しなくてはいけません。しかし、「本当に自分ひとりで大丈夫だろうか」と不安な方も多いのではないでしょうか。野村の仲介であれば、そういった方でも安心して売買することができます。ここではその理由や会社の特徴について解説していきます。

野村の仲介+(PLUS)とは?

野村の仲介+(PLUS)は、野村不動産アーバンネットによる不動産売買の仲介サービスです。野村證券系の総合不動産会社、野村不動産の流通業務・販売受託業務・保険代理店業務を受けて2001年に営業をスタートしたのが野村不動産アーバンネットです。比較的新しい会社でありながら、野村不動産も野村證券から分離独立した会社であるため、そのルーツを1918年にまで遡ることができるという伝統も兼ね備えた会社です。不動産の売却や購入、住みかえなど全てのステージで手厚いサポートを提供する総合力が特徴です。例えば購入の場面でも、「メンテナンスサポート付住宅設備保証」というサービスが用意されています。一般的に不動産仲介業者は引き渡し後については責任を負わないため、特に中古の物件については買主は自己責任で修理の手配などを行わなくてはいけません。しかし、このサービスでは1年間に渡り主要設備の故障や不具合の修理・交換対応をしてもらうことができます。故障があった場合だけでなく、引渡し後の10ヶ月目以降に主要設備の点検や、水回り・建具などのリペアサービスも実施される念の入れようです。またメニューを選べる住まいクリーニングや初期費用無料のセコム・ホームセキュリティなど、売買仲介の枠を超えたサービスを提供しています。不動産会社にサポート力を期待する方にはおすすめの不動産仲介業者です。

自宅をモデルルームに

不動産の売却を考えている方にも野村の仲介+(PLUS)はおすすめです。例えば、売却する物件に家具や小物でインテリアコーディネートを加える「ホームステージング」というサービスが用意されています。殺風景になりがちな空き部屋をモデルルームのような雰囲気に仕立て上げることで、売却活動が円滑に進みやすくなります。ただ家具などを並べるというのではなく、プロのホームステージャーが物件の購買層を分析しコーディネートを行います。物件本来の価値を引き出す演出が可能になり、買い手にも物件の魅力が伝えやすくなるのです。これによって有利な条件での成約も期待できます。
また、安心して取引をしたい方のために「補修保証」のサービスを提供しています。補修保証はさらに取引に合わせて「マンション/住宅設備保証」「戸建て/建物保証」「土地/埋設物撤去保証」の3種類に分かれます。住宅設備保証や建物保証では、売主に最長1年の保障期間が設けられています。不動産の売買は業者ではない一般の人でも「瑕疵担保責任」という法的な責任が課せられます。このサービスは売り出す時に検査・補修を行うため、瑕疵担保責任のリスクを大幅に減らすことができます。さらに買主には最長5年の保障期間が設けられているため、売買交渉に自信を持って臨むことができます。

最後まで安心できる「買換保証」

もちろん、買いかえを検討中の方にも野村の仲介+(PLUS)はおすすめの仲介サービスです。特に「買換保証」は、買いかえ時の売却にまつわる不安を消してくれるサービスです。欲しい物件が見つかり購入の予定は立てられたとしても、売却の時期は正確に予想することはできません。かといって安値で投げ売るわけにはいかないため、多くの方がここで悩まれます。買換保証では、野村の仲介の評価額の120%から売却活動を始めることができます。万が一買い手がつかなかった場合でも、期日を決めて野村の仲介が買取りを保証してくれているために安心して売却活動を行うことができるのです。買換保証期間は最長1年のため、納得のいくまで売却活動をすることができます。さらに買換保証には「利益還元制度」というシステムがあります。野村の仲介が再販売をして利益が出た場合、売主にその利益を還元するというものです。
また、買いかえの際の資金繰りについても強力にバックアップしてくれます。欲しい物件が見つかっても、自宅を売却しなくては資金が用意できないというケースは非常に多くあります。その場合は「つなぎ融資」を利用することで、売却が決まる前に新しい物件の契約が可能になります。通常、このようなケースのつなぎ融資は一定の期間が終わるとすぐに返済しなくてはいけないため、売却活動が非常にあわただしく不本意な結果になりがちです。しかし、買換保証とセットで使うことで、計画的なつなぎ融資の利用が可能になるのです。

野村の仲介はサポート体制が評判

野村の仲介の評判の中では、「サポート力」を評価する声が目立ちます。購入・売却・買換などあらゆるステージにおけるサービスで他社と差別化を図っていることが評価されています。そのため、非常に顧客満足度が高いのも野村の仲介の特徴です。また、これらのサービスの「先進性」を評価する声も目立ちます。常に一歩先を行く姿勢は、不動産情報サイト「ノムコム(nomu.com)」にも見られ、こちらも高い評価を受けています。ノムコムは、子育て世代に向けた「ノムコム with Kids」や、60歳からの住みかえサイト「ノムコム60」など、属性や関心を絞った関連サイトが多いのが特徴です。このような顧客のニーズをきめ細かく先取りする姿勢が多くの支持を集めています。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す