マンションの売却で得られる利益

マンションを売却して利益を得ようと考えている人は、売却代金の相場だけでなく、経費についても調べておく必要があります。不動産の売買には様々な支出が発生し、手元に残るお金がかなり少なくなることもあるからです。

仲介業者選びの重要性

マンション売却で利益を出すとなると、売主が真っ先に考えるのが売却価格を高くするという方法です。とはいえ、自分で買受希望者を募るのは難しいですし、通常は仲介業者に依頼して、売却物件を広く宣伝してもらうという流れになります。仲介業者がいると、物件の売買に関するトラブルで多い事例も聞くことができて、比較的安心して売買取引ができます。また、売買契約書等の書類を用意してもらえるため、売主の負担も大幅に減少します。さらに、経費がどれくらいかかるのか、手元にどれくらいの現金が入るのかなどをある程度シミュレーションしてもらえますので、これまで不動産の取引をしたことがない人でも安心です。
仲介業者を選ぶときに、少しでも高く売れるように、売却見込み額を高く評価した業者を選ぶ売主は少なくありません。現在では、複数の不動産業者から一括見積をとることができるサービスもありますので、比較が容易なことも影響しています。ただし、これはあくまでも売却できる見込みの額であり、仲介の場合には必ずしもその金額で売却できるというわけではないことを知っておく必要があります。不動産業者は、仲介の依頼をとるためにあえて本来の相場よりも高めの金額で売却見込み額を提示してくることがあります。しかし、いつまでも物件が売れなければ価格を下げるように交渉してきますので、結果的に比較したほかの業者の見積もりよりも売却価格が安くなることも考えておかなければなりません。
また、同じ金額であっても、仲介業者の手腕によって買受希望者が見つかるかどうかに差が生じます。多くの取引先を有しており、その地域の情報にも精通していて適切なアドバイスをしながら物件を早く売れるように買受希望者を募る業者もありますが、全国的に仲介業を行っており、周辺エリアの事情を知らずに路線価などの情報だけで物件の査定をする業者もあるのです。そのため、物件を早く、相場の範囲内でもより高く買い取ってもらいたいと考えているのであれば、きちんと売主の希望を聞いて、きめ細かいサポートをしてくれる業者を選ぶことが大切です。

相場は常に変動

マンション売却において、中古マンションは需要が高いので、いつでも高額で買い取ってもらえると考えている売主も少なくありません。しかし、不動産というのは常に価格が変動していますし、特に建物に関しては経年劣化によってどんどん価値が下がっていきます。この事情を知らずに売却希望金額を決めてしまうと、売主が得られる金額にも影響を及ぼします。そこで、長期的に腰を据えて売却するときには固定資産税や都市計画税などの維持費を、短期間で売却したいときには物件の相場の変動を調べておくことをお勧めします。
例えば、利益優先で値下げもせずにいつまでも強気な金額で買受希望者を募る売主もいますが、何年もそのままで放置しておくと、人が住まない物件はどんどん荒れていきます。そして、維持費を負担しながら買主を募ることで売主にも大きな負担がかかりますし、物件の価値が下がっていくために売却金額を下げざるを得ない状況になるのです。一方、急いで物件を売りたいと考えて、一昔前の相場で売値を決めたところ、実際には需要が高まって相場が上がっており、短期間で売れはしたものの本来受け取ることができた金額よりも大幅に安くなったというケースもあります。
一般的に、不動産の金額は国が路線価を発表する春、都道府県が発表する秋に変動しやすくなります。また、2~3月、11月頃は転勤などで引っ越しをすることが多く、物件購入を検討する人が増える時期ですので、通常よりも活発に取引が行われます。
なお、平均的な相場と比べて、自分の物件にどのような価値がついてくるかは詳しい仲介業者に相談する必要があります。立地条件が良くても前面道路が狭いなどの事情で車の乗り入れが困難な場所はマイナス査定になりますし、新耐震基準よりも以前に建てられた物件であっても、現在の基準よりしっかりと作られた物件はプラス査定になります。需要の高い時期、相場が上昇傾向にある時期などを狙って、業者と相談したうえで適正な金額で買受希望者を募ることで、売主が得られる代金も増えますし、短期間で物件を売却できて経費を抑えることにもつながります。

経費の見落としに要注意

マンション売却の時には、売主はいくら現金を受け取ることができるかということに考えが行きがちですが、実際にはその利益から経費も差し引かれることを理解しておく必要があります。特に、物件の売却で得た金額を他の用途に充てる予定がある場合には、実際に見込み額通りの金額を受け取ることができるのか把握しておかなければ、必要経費が生じるたびに借り入れをする可能性もあります。
物件の売却で発生する費用は様々ですが、必ず発生するのが仲介手数料です。これは、売却価格の3%+6万円に消費税を加えた金額ですので、当初の予想よりも高額になることも珍しくありません。また、契約書に貼る印紙代や所有権移転の際に必要な印鑑証明書等の書類代など、細かい支出も発生しますので、ある程度まとまった現金を用意しておくと安心です。
人によって発生することがあるのが登記費用です。所有権移転に関しては買主が負担しますが、売主の登記簿上の住所氏名が現在のものと異なっている時には、売主が費用を負担して名義変更の手続きが必要です。また、抵当権が残っている時には、売却代金から残債務を一括して支払い、さらに抵当権抹消の登記費用を支払わなければなりません。
さらに、翌年の3月には不動産を売却した時の譲渡益に対して、所得税や住民税が発生します。確定申告の時期になると、忘れずに深刻と納税をしなければなりませんが、取引から期間が過ぎているので手元に現金が残っておらず、慌てる売主の例もあります。また、所得が一時的に上がったことにより、健康保険料の金額も上がりますので、毎月の負担は大きいです。できれば、概算を出しておいて売買代金からその差額を取り分けておくとよいでしょう。
これらの経費を考慮せずに、早く物件を売却したいばかりに金額に妥協して売買契約をしてしまうと、予想以上の支出が発生してかえって赤字になることもあります。できれば、物件を売却して得た現金はあまり手を付けずに、少なくとも一年程度はいざというときの支出のためにストックしておくと、急な支出があっても慌てずに対処することができます。

最終的な受取額を重視

このように、マンションを売却するときに利益を増やしたいと考えるのであれば、最終的にいくら受け取ることができるのかを考慮して様々な手段を検討していく必要があります。経費を抑えたいのであれば、誠実で費用も安い業者や司法書士を探す必要がありますし、物件をいつ売却するかを決めるときには、維持費や相場価格の推移を見ながら決めていくのがお勧めです。

例えば、高く売りたいがためにゆっくり売却することを選んだ結果、維持費がかかりすぎたというケースもあるように、売却が長引いた時のコストや必要経費などは別々ではなく、すべてまとめて検討していく必要があるのです。手間はかかりますが、最終的にはまとまった現金の取得につながります。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す