不動産投資物件の経営形態

不動産物件投資は大きく分けて4種類あり、マンション、アパート、戸建、シェアハウスです。どの物件を選んで経営していくかで戦略が変わっていくので、一つ一つ見ていきましょう。

 

①マンション経営

マンション経営では、一棟丸ごとマンションを買い取る必要はありません。1室から購入し、経営をしていくことができるので、比較的低額で始めることができます。マンション1室の場合、100万円以下で購入することもできますので、サラリーマンの方でも始めやすいです。

マンション経営では1室単位で部屋を購入し、それを第三者(入居者)に賃貸します。たいていの場合ローンを組んで1室購入しますが、入居者から毎月払われる家賃をローンの返済に充てることができます。ローンを完済すると、家賃が全て自分の収入になります。

マンション経営は、初めての不動産物件投資にお勧めです。

 

②アパート経営

アパート経営ではマンションのように、1室だけ購入するということを原則しません。アパートを1棟丸ごと、そしてその土地を一緒に買い上げます。土地だけをお持ちの人は、その上にアパートを建てることでアパート経営を始めることもできます。

1棟丸ごと購入するので、マンション経営よりまとまった資金が必要です。しかしアパート経営に必要な資金は、物件価格の1〜3割程度だと言われています。つまり3000万円で購入するとすれば、300万円の資金があれば良いのです。足りない額はローンを組むことができます。

アパート経営というと、お金がかかりそうだというイメージをお持ちの人も多いでしょうが、意外と手軽に始めることができます。マンション経営で慣れてきた人は、次の投資先として考えるといいでしょう。

 

③戸建経営

戸建経営ではアパートのように土地と建物を買い、そこに入居者を住まわせることで家賃収入を得ます。土地だけをお持ちの人が、その上に一戸建てを建て貸し出すこともあります。

 

④シェアハウス経営

現在注目されているのが、シェアハウス経営です。シェアハウスとは、自分の部屋以外のリビングやキッチン、お風呂などを皆で使う共同住居のことです。テラスハウスというシェアハウスを舞台にしたドラマの流行により、若い世代を中心に人気が高まっています。

普通に1部屋借りるよりも安い値段で借りられることや、異性・同性の入居者と友達なれることなど、様々なメリットから入居希望者の多い住居です。シェアハウスには学生から社会人、外国人など様々な人が入居しています。

都内を中心に増えてきていますが、まだ地方にはそれほど普及していないスタイルの住居ですので、地方で不動産投資をお考えの人にお勧めです。

シェアハウスは一般的に、戸建物件を改装するかそのまま使用します。そのため最初に必要な金額は戸建経営とほとんど変わりません。

シェアハウスの経営は大きく分けて、3つに分かれます。

一つは自分がオーナーになり、管理を管理会社に委託する方法です。

自分がオーナーになる場合、戸建を購入するか、住居をシェアハウス用にリフォームします。部屋の数を増やせば、増やすほど家賃収入も多くなりますが、その分トイレや風呂場の数を増やさないと、入居者からのクレームの原因になります。

シェアハウスオーナーになり、委託を全て管理会社に委託すると、何もやることはありません。入居者への対処は全て管理会社が行ってくれます。管理会社に管理費を支払う必要がありますが、煩わしい入居者の管理から解放されます。

二つ目はオーナーになり、管理も自分で行う方法です。

オーナーになることは、一つ目と同じですが、この方法では管理会社に委託せず、自らが管理を行います。管理会社に支払うお金がない分、収入は増えます。小規模のシェアハウスの場合、管理会社を通すより、直接管理した方が安上がりで、逆に面倒が少ないこともあります。

三つ目は、物件オーナーから物件を借りて、管理人として働くことです。

資金的にオーナーになるのが難しい人は、不動産物件オーナーに物件を借り、管理人として働くことでノウハウの勉強を行ってもいいかもしれません。安い価格で借り、高い金で貸し出せばその差額分を儲けることもできます。

 

どの経営手法が一番良い?

どのタイプの物件を経営していくのが一番いいかと決めることは、非常に難しいです。物件を全てにお持ちの方は、立地や建物の状態に合わせてどの形態での経営が一番利益を生むのか計算してみるといいでしょう。

これから物件を購入される人は、資金面や経営難易度、利回り、リスクから一番自分にあった方法の経営手法を選ぶことをお勧めします。

マンション アパート 戸建 シェアハウス
経営難易度
初期投資
利回り
リスク

 




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%