仲介業者と買取業者の違い・どっちを選ぶと大損する?

仲介業者と買取業者の違い

皆さんは理解して業者と付き合いされていますか?

もし間違った付合い方をしていると、大損する事になります。

簡単にご説明します。

物件仲介・物件売買の違い

仲介業者は、文字通り仲介するだけなので、手数料は3%のみの差額で物件が動きます。

買取業者は、安く買って高く売るのが基本です。

言い方のに齟齬があるかもしれませんが、それぞれにメリットデメリットがあります。

利益を出したいなら仲介会社

仲介会社は、すぐに売れる可能性は低いのですが、3%の手数料しかかからないので、売却の際に余計な手数料。

購入の際も余計な手数料がかかりません。今すぐ売る必要がなく、2~6ヶ月程度余裕があるのであれば、絶対的に仲介会社を選ぶべきです。

すぐに売りたいなら買取会社

買取会社は、とにかく安ければ物件を買ってくれます

基本的に相場以下で購入することができれば、利益は約束されるので、5,000万の物件を3,500万であれば、購入した瞬間に利益が1,500万出るわけです。

1ヶ月以内に絶対に売り抜ける必要がある、購入しなければならない。そんな事情がある方は、おすすめとなります。

実は仲介会社がほとんどいない

実は、純粋な仲介会社は、ほとんどありません。

特に「物件を売りませんか?」とTELアポをしている会社はほぼ、「買取会社」になります。

仲介業者は、全体の1割以下であり、「ワンルームマンションに強い」会社は、都内では数えるくらいです。

仲介を実直に行っている都内の会社となっています。

「株式会社FGH」⇒公式サイト

「株式会社ランドネット」⇒公式サイト

ただし、最近はランドネットも買取販売も行っているようです。では、どのように判断されるかと言うと、会社の売上高になります。

買取会社の売上は、物件価格が売上として適用されるので、5,000万円の物件を売れば、5,000万円の売上が立ちます。

仲介会社は5,000万円の物件を仲介すると、3%の売上になるので、150万円の売上になります。

つまり会社の売上高と一発でわかるわけです。

損しないためのまとめ

・可能かな限り高く売るなら「仲介会社」

「株式会社FGH」⇒公式サイト

「株式会社ランドネット」⇒公式サイト

・とにかく損しても早く売りたいなら「買取会社」

その他の企業先般。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%