意外と知らない?マンション売却のコツ

転勤や引越しなど様々なライフスタイルの変化で現在住んでいるマンションを売却したいという場合、出来る限り高値で売れたら良いといいものですよね。
ここでは、意外とみんなが知らないマンション売却に関するポイントをご紹介します。

不動産相場の調べ方

まず、マンション売却をするにあたって大切なことは相場を把握することから始めます。
そもそも不動産とは、資産の中でも個別性が高いものなので、価格を調べることが難しいという特徴があります。したがって、マンションの適正価格を知るコツは、複数の不動産会社の意見も参考にしつつ、それ以外の方法でも自分で理解するようにしなければなりません。
マンションを含む不動産の理解の仕方として、「同じ不動産」というものはありえないということです。例えば、同じ地域にある土地であったとしても、広さや方位・形・接する道路の本数や状況によっても価格は大きく変動します。これはマンションにも同じ事が言えて、部屋の向き・管理状況・間取り・階数によっても価格は異なります。したがって、自分の所有している不動産の価格を調べる場合には物件自体の価値だけでなく立地条件というものを考慮しなければならないため「個別性」が高まります。
実際に、マンションの価格評価を受ける場合、主に「価格査定マニュアル」が不動産流通推薦センターから発行されるので参考にすることをオススメします。もちろん、最終的な価格評価は専門家による判断が必要でありますが、自分で納得のいく評価を知るためにもぜひ知っておきましょう。
このマニュアルに従うと、まず取引事例との比較をします。マンションの階数・間取り・方位といった項目で調べることが可能です。この比較項目それぞれに対して10%程度劣ると分かった場合には、取引事例の評価額から10%引いたものがおよその評価額となります。
比較する際に見落としがちなのは、比較対象となる物件を間違えないことです。例えば、マンションの場合だと、中古マンションの取引事例と新築マンションの取引事例を比べてしまうといったことです。中古と新築では枠組みがまったく違うので、評価額を把握しにくい場合があります。また、ワンルームマンションとファミリーマンションといった異なるライフスタイルの物件を比べてしまうケースです。広さが似ていたとしても、使い方やニーズが異なるため正確な比較で難しい場合があります。

マンション売却を不動産会社に依頼するとき気を付けること

マンション売却を失敗しないためには信頼できる不動産会社に依頼することが重要です。
まずは不動産会社のもつ役割を知ることがコツです。不動産会社とは、不動産の取引全体を請け負い・サポートする役割をもっています。
そして取引については、税金関係・建築制限・抵当権含め不動産の売買に関して必要になる知識や資格を有する専門家が行います。したがって、単に売却側と購入者の仲介というだけではなく、法的な責任や権利なども持っている専門の業者という位置づけとなります。
そのため、マンションの売却者自身が購入者を探すことは可能ですが、取引となると売却者と購入者だけで行うことは非常に困難となります。
さらに、不動産会社というものは様々な種類があります。この業者ごとの特徴や強みなどを知ることも、マンションの売却において失敗しないために知っておきたいところです。例えば、地域密着型の不動産会社は不動産以外の地域に関する情報を持っていることが強みであるといえます。
不動産の売却は、物件自体の価値だけでなくそれ以外の情報も最終的な評価額に影響するのでなるべく詳しい情報を持っている業者に依頼できることは大切なことです。
その他、多くの支店を持つ大きな不動産会社の場合は、支社同士のネットワークを使った情報の共有に強みがあります。したがって、遠方にある物件の売却を検討する場合で安心して任せられるというメリットがあります。
マンションを売却する業者を探すときには、業者それぞれの強みを知ることも大切ですが、もう1つ会社自体の基本情報のチェックも欠かせません。これらの情報はインターネットや行政機関でも手に入れることが出来る情報なのでぜひ参考にすることをオススメします。
まずは宅地建物取引行の免許番号を調べることです。不動産売買・仲介業をするためには、この免許が不可欠となります。この免許番号は、不動産広告に記載することが義務付けられているのですぐに分かります。さらにこの免許番号から、更新回数を知ることもできます。免許は5年ごとに更新されるため、更新回数が多ければ多いほどこの業務に関する期間が長いことと等しいです。営業暦が長いかどうかも、不動産業者選びには1つの参考となります。

売却には媒介契約の選び方が重要

マンション売却を仲介してくれる業者を決めたら、その業者と売却に必要な契約を結ばなくてはなりません。この契約のことを「媒介契約」といいます。
この契約には3つの形態があって、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があります。
この契約の特徴やデメリットなどを知らないと、マンションの売買に関して影響を与えることがあります。
一般媒介契約の最大のメリットは複数の不動産業者に売却の依頼を同じタイミングで行うことが出来るという点です。この特徴は他の2つにはなく、一番制限がゆるい契約といえます。この契約に適している物件は、人気のエリアにある物件や競売の時期が迫っている物権などを売却する場合に活用できます。
専任媒介契約は、売却依頼を1つの業者に絞る契約のことです。この契約を破って他の不動産業者にも依頼をしてしまうとペナルティを課される場合があります。
この契約のメリットは、「レインズ」と呼ばれる不動産業者間のサイトに登録する義務が発生し、2週間に1回以上は売主へ報告の義務が発生するという点です。マンションなどの不動産の売却は、売りに出してから3ヶ月間が勝負といわれているため、業者との密な連絡があることは売主からの信頼に関わることもあります。そして業者としても、自社だけに売却契約を結んでいるため、モチベーションが上がりやすい点があります。他の業者に取られてしまうことがないため、時間や費用をしっかりとかけて売却に取り組んでくれるという可能性が高いです。
したがって、この契約は時間をかけてじっくりと納得の行く売却をしたいというニーズを持った人に適している契約形態です。
専属専任媒介契約は、売却が難しいといわれる物件や、とにかく早く売却をしたいという場合に選ばれている契約です。この契約は、専任媒介契約と似ていて、1つの業者とだけ契約を結ぶものです。しかし、依頼を受けた業者は契約をした日から5日以内にレインズへ登録をする事が義務と成っているので、物件の情報が早く業界内で共有され、他の2つの契約の中では比較的早く売れる場合があります。
これら3つの契約の特徴を知ることが失敗しないためのコツといえます。

マンションの売却は自分に適した方法を探そう

マンション売却は、マンション自体の評価にばかり目が行きやすいですが、売るタイミングや業者選びがうまくいかないと時間がかかってしまったり、業者とのコミュニケーションがうまくとれないといったトラブルが起きることも少なくありません。
業者を探す際には、複数の会社を比較することが大切ですがそれぞれの持つ強みや営業歴から、総合的に見ることが重要です。
そして売却形態に関しては、早く売りたいのか・人気エリアの物件かどうか・遠方地のものかといった物件の特徴や、自分の希望などから選びましょう。
安心して任せられる業者に依頼をすれば、その後の購入者に引渡しまでスムーズに進みますので、最初は特にじっくりと調べることが肝心です。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

2位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す