押さえておきたい!マンション売却の流れ。

マンションを売却する際に、どういった手続きを踏めばいいのか、どれくらいの期間がかかるのか、など初めての方は悩むことが多いです。この記事では、マンションを売り出すまで、売り出してから成約、成約から引き渡しの三段階に分けて、マンション売却の流れや注意点を紹介します。

マンションを売り出すまでにすること。

マンション売却までの流れにおいて、最初にすることが不動産会社にマンション価格を査定してもらい、その後に不動産会社と媒介契約を結ぶことです。査定価格は不動産会社によって違ってくるため、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。そこで便利なのがマンション一括査定サイトを利用することです。マンション一括査定サイトとは、WEB上のフォームに物件情報を入力し送信することで、複数の不動産会社から査定してもらうことができるサービスです。

業者ごとにメールや電話をする煩わしい手続きが不要な上、不動産会社同士が価格や速さの面で競争するため、一社に依頼するよりも査定スピードが速く、高めの査定になりやすいといったメリットがあります。しかし大手不動産屋の中には一括査定サイトに参加していない会社もありますので、そちらは個別で査定申し込みが必要になることも覚えておきましょう。また不動産会社は売主確保のため、積極的な営業活動を行ってきますので、しっかりと業者を見極める目も重要になります。そのために査定価格を照らし合わせ、自身の物件の相場を確認しておきましょう。また一括査定サイトの場合は、詳細な物件情報の入力までは求められませんので、一つの指標であり、最終段階で現地訪問による詳しい調査によって、査定価格が変動することも理解しておきましょう。

以上のことを踏まえ、実際に売却手続きをしてもらう不動産会社を選び、媒介契約を結ぶことになります。媒介契約とは売買契約とは別の契約であり、売主が不動産会社との間で結ぶ「売買を手伝ってもらう」契約のことです。査定と媒介契約の手続き期間の目安はおおよそ 1ヶ月と考えておきましょう。不動産会社の力量によって、マンションが売れるかどうかが大きく変わってきますので、面倒であっても不動産会社選びは慎重に行うことが大切です。媒介契約を交わした後は、不動産会社と売り出し価格を設定し売却がスタートします。買い手が現れるまでは不動産会社が自社サイトへ物件を掲載したり、チラシを配ったりと宣伝活動を行ってくれますので、売主は販促活動を行う必要はありません。

売買契約書などの注意点。

購入希望者は実物を見てから購入を決めることから、急な内覧に備えてマンション内の荷物を整理整頓したり、掃除したりしておきましょう。せっかくマンション売却を流れ通りに進めていたのに、内覧者に汚れたごちゃごちゃした部屋を見せてしまい、悪い印象を与えてしまっては元も子もありません。玄関、キッチン、水回りやバルコニーなどは特にチェックされやすいため、念入りに清掃しておく必要があります。また購入希望者がチェックするポイントとして、物件の所在地、物件価格、築年数、建物の広さなどの客観的なデータがあります。売主側が変更できるのは物件価格だけです。

もしも購入希望者がなかなか現れなければ、不動産会社と値下げ金額やタイミングについて決めていくことになります。ただし値下げに関しては安易に判断せずに、十分に宣伝を行った後に慎重な判断を心掛けましょう。内覧した希望者がマンションを気に入って購入したいとなった場合は、後日に購入申込書を受け取ります。購入申込書には、購入希望者が“この金額であれば購入したい”といった希望額が記載されており、売り出し価格よりも低い金額を希望されることも多いです。値引きについての交渉でも安易な値引きは避けるべきですが、ある程度は譲歩した方が交渉をまとめやすいのも事実です。

あらかじめ、売り出し価格に数万円単位の端数をつけておき、値引きするためにその端数を省くといった方法があります。条件などの交渉がまとまった後は、売主と買い手側の間で契約を結ぶことになります。売買契約書の作成は、売主・購入者・不動産会社の担当者の3人が揃って行います。この時点で手付金を受け取り、売却代金の全額はマンションを引き渡す日に受け取ります。契約内容の確認に不安があるようであれば、当日までに売買契約書の記載内容をチェックすることができます。売買契約書のチェックポイントとして、手付金の金額と住宅ローン関連の記載に注意しましょう。手付金は売却代金の5%から10%であれば妥当な金額といえるでしょう。また住宅をローンの事前審査の有無や買い替え特約にも注意が必要です。

確定申告をしてすべてが終了。

マンションの売買契約を結んだ後は、引き渡し日までに引っ越しなどを済ませる必要があります。また引き渡す際の条件が部屋の状態を回復する条件であれば、ハウスクリーニング業者などを手配して、掃除をした後に明け渡します。現状有姿とよばれるそのままの状態で引き渡す条件もあります。引き渡し日については、現金購入であれば契約日から 1ヶ月後くらいですが、住宅ローンなどを組む場合はもう少しかかることがあります。当日は決済を済ませた後に部屋を明け渡すというのが通常の流れになります。売却後に設備の不良などによるトラブルが起きないように入念にチェックをしておくように心がけが大切です。売主も知らなかったような問題が発生して、後々に修復費用を出すことになる瑕疵担保責任があることも覚えておきましょう。

引き渡し日に必要なものは印鑑・印鑑証明書・身分証明書・マンションの鍵・権利書・マンション関係の書類・仲介手数料などが挙げられますが、印鑑証明書・権利書(登記済証もしくは登記識別情報)はすぐに用意できるものではないので忘れないように準備しておきましょう。また、仲介手数料はすべての取引が終了した後に支払うのが原則であり、不動産会社と結んだ媒介契約書に記載されています。もし持ち合わせがなく、マンションの売却で受け取った代金から手数料を支払う場合は、その旨を不動産会社に伝えておきましょう。また、売主の住宅ローン残債がある場合は、受け取った売却代金を一括返済に回します。返済が終わると、銀行がつけていた抵当権を外すことができます。引き渡しの日と同日に、抵当権を外すことができるよう司法書士に依頼しておく必要があります。

さらにマンションの売却が終わった後に忘れてはならないのが、翌年に行う売却益や売却損についての確定申告です。自宅にしていたマンション売却では様々な優遇を受けることができ、売却益に対して掛かる税金は減税されます。また売却により赤字が出ていれば、所得税などと通算して税金を減らすことも可能になります。売却後から引き渡しまでの期間の目安は1ヶ月半から 2ヶ月ほどと認識しておきましょう。

半年で売却が理想的。

マンションを売ろうと考えてから、実際にすべての手続きが終了するまでは売り出しまでの約1ヶ月と、売買契約成約から引き渡しまでの 1ヶ月半に加え、最も長引く可能性がある期間が売りに出してから成約までの期間です。スムーズに買い手が見つかるのに3ヶ月~4ヶ月はかかるといわれています。もし 4ヶ月以上、購入希望者も現れないようであれば不動産会社選びからやり直す必要があり、さらに時間もかかってしまいます。

やはり、最初の段階での不動産会社選びは最も重要なファクターと言えます。最初につまずかないようにこの記事を参考に、適切な不動産会社を選別しましょう。マンション売却終了までの理想的な期間は半年、それ以上であれば1年ほどかかることも理解しておきましょう。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す