信頼と実績で選ばれる三井のリハウスの評判

三井のリハウスは三井不動産グループの仲介業務部門としてあまりに有名です。しかし、「あまり不動産に詳しくないので、どこがすごいのかよくわからない」という方もいらっしゃるはずです。そういった方や、既に不動産の売買を具体的に検討している方にも向けて、三井のリハウスの特徴を解説していきます。

三井のリハウスとはどんな会社?

三井のリハウスとは、三井不動産の完全子会社である三井不動産リアルティ株式会社が中心となって全国展開する不動産仲介業のブランドです。もともとは三井不動産販売株式会社という名前で、東証1部にも上場していました。そして三井不動産の完全子会社となった後、2012年に三井リハウス東京や三井リハウス関西などの会社を吸収するなどして現在の形になりました。リハウスの看板を掲げているのは本体である三井不動産リアルティの他、三井不動産リアルティ中国や三井不動産リアルティ吸収などの完全子会社、グループ会社などです。また、フランチャイズで全国展開もしています。
「リハウス」というのは三井不動産販売が始めた造語で、「住み替え」という意味です。1981年にリハウス事業がスタートし、その後リハウスガールのCMで不動産に関心がない人たちの間でも一躍有名になりました。それまでは「家は一生の買い物」と言われていましたが、今では出産、子供の成人、老後などライフステージに合わせて家を買い替えることが一般的となっています。このような変化にリハウス事業の実績も大きく影響しており、かつては資産の処分や投機目的など特殊なケースでしかなかった「不動産の売却」が、今では大変に身近なものになったのです。そして、2015年にはなんと30年連続の全国仲介取扱件数No.1を達成しています。この実績だけでも、リハウスをおすすめする理由としては十分といえます。

三井のリハウスで売却するメリット

三井のリハウスは、「不動産の売却を考えているが、どれくらいの価格で売れるか心配」という方や、「売り急ぎたくないが、あまりに長期間待つのは困る」という方におすすめです。つまり、適正価格で一定の期間内に売却するという、極めてまっとうで難易度の高い不動産売買に強みを持っているのです。このような質の高い売却活動が可能な理由の一つが、リハウスの査定システムです。
居住用の不動産の場合は、一般的に近隣の取引事例や建物の構造や年数などを参考にした上で大まかな売却価格を算出し、日当たりなどで加点や減点を行います。しかしながら、実際には「売りに出してみなければわからない」というケースが多く、査定の根拠も曖昧な場合が多くあります。営業マンの勘と経験頼みのような部分が未だに少なくないのです。このような曖昧な査定で売却価格が下がってしまうとしたら、とても納得できるものではありません。
一方、リハウスは他の業者ではとても真似のできない膨大なデータから導き出した査定の方法があり、経験の少ない営業マンでも精度の高い査定が可能な仕組みを持っているのが特徴です。不動産仲介業者は自社で物件をおさえる目的で、あえてかなり高い査定を提示することがあります。また、すぐに成約させたい事情の場合は相場よりかなり低い査定を提示することもあり、依頼者は適正価格を判断しづらいのが現実です。リハウスの査定はデータに基づいた根拠も示されるため、安心して査定を依頼することができます。

三井のリハウスで購入するメリット

売却だけでなく、三井のリハウスは不動産の購入にも強みを持っています。なかなか売りに出ない人気物件を探しており、見つからずに購入をあきらめているような方にさえおすすめできます。30年にもわたり業界最大の取引件数があるということは、直近の顧客データも膨大になるということです。そのため、人気物件は広告を出す間もなく成約してしまいます。分譲即完売、その後全く売りに出ないような人気物件は、このようにあらかじめリハウスに声を掛けていた人が購入しているという現実があります。これは広告を調べているだけでは全くわからない仕組みで、大規模なネットワークを持つ不動産業者でないと不可能です。
もちろん、「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。そういった業務の仕組み上、無理に特定の物件を売りつけるような営業は無く、いかに買主にぴったりの物件を紹介して成約までの段取りを整えるかに力を注ぐのです。そのため、金融機関との折衝も安心して任せることができます。不公平とも取られかねないため金融機関は公にはしませんが、どこの不動産会社を通して購入するかで金融機関の対応が変わるのは事実です。購入の場合でも、物件探しから成約、引渡しに至るまで安心して任せることができます。

リハウスに対する世間の声は?

三井のリハウスの評判の中で一番目立つのは、「圧倒的な集客力」です。他社に売却依頼をしてなかなか売れなかった物件も、リハウスに依頼したらすぐに成約した、という事例が多数報告されています。これは取扱件数No.1ならではの顧客数や、ネットでの集客力の強さによるものです。そして、「三井という名前の安心感」という声も目立ちます。これは単にブランドへの安心感というだけでなく、購入や売却活動全般、そして契約業務や書類なども誠実で信頼できる印象を受けた人が多いということです。従業員の顧客対応も同様です。三井グループならではの従業員教育がなされていることもあり、大きな金額が動く不動産の売買でも安心して任せることができたという声が多数を占めます。




簡易情報でのランキング※WEBで調べた

1位 株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。日本で唯一「売却のセミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

2位 住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

3位 三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%



コメントを残す