株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジー)の口コミ評判は?

 

GA(ジーエー)テクノロジーズとは

株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)は、人工知能や不動産データを活用した次世代型の不動産サービスを提供する不動産会社です。

不動産業と言えば古い慣習が今でも多々残っており、2020年になった現在でもFAXを使い不動産情報を流している会社さえあるほどです。

そんな古い慣習の残る不動産業界を、ジーエーテクノロジーズではI Tの力を使い改革することを目指しており、業績を急拡大しています。

ジーエーテクノロジーズが他社とは異質な点の一つが、社員の1/3がITエンジニアであることです。今後参入する不動産投資家はITで育った世代が主流になるという見立てから、エンジニアを多く採用し、I T化を急速に押し進めています。

ジーエーテクノロジーズでは金融業界への参入も目指しており、スマホを持っていることが当たり前という世代が不動産投資家のボリュームゾーンになる頃には、ジーエーテクノロジーズのサービスが当たり前に利用されていることが予測されています。

ジーエーテクノロジーズは2009年の創業以来、右肩上がりの業績で、創業わずか4年で売上高100億円にまで急成長しました。特に高級賃貸市場においてトップクラスの実績を誇っており、東証マザーズへの上場も果たしています。

そんなジーエーテクノロジーズのサービスを、借りる、売る、買う、投資するという側面から見ていきましょう。

 

・GA(ジーエー)テクノロジーズの賃貸サービスの特徴

ジーエーテクノロジーズでは部屋探しから入居までの全てのプロセスが、オンラインで完結できるシステムを導入しています。

通常の部屋探しであれば、不動産会社の窓口に行き、そこから何軒か紹介を行ってもらい、日程の調整を行った後、内見に行き、気に入った物件の契約をするというのが一連の流れです。

時間的な縛りや体力面からも1日で内見できる物件の数は3軒前後です。

しかしジーエーテクノロジーズでは、まず不動産店に来店する必要がありません。ネット上で部屋を検索し、気に入った部屋が見つかれば日時を選んで内見の予約を入れるだけです。最短で当日の30分後には内見可能で、店舗に行く必要がないので非常にスピーディーです。面倒なセールストークを聞く必要もありません。現地に直接見に行くことが難しい場合は、オンライン内見も可能です。

契約に関してもオンライン上で完結させることができます。コロナ禍で人と人との接触をできるだけ避けたいという要望の多い現在では、非常に好評のサービスのようです。

 

・GA(ジーエー)テクノロジーズで物件を早期・高値売却可能

ジーエーテクノロジーズでは「オープンで透明な不動産売却・査定を」というスローガンのもと、早期に高値での売却を実現させるために、独自の仕組みを取り入れています。

物件価格の査定では、A Iを活用することで高精度の査定を実現しており、広告効果も最大化しています。

ジーエーテクノロジーズのH P月間訪問者数は20万人を超えており、業界トップレベルの集客力・認知度です。物件見学の際には、複数の買主候補者を同時に集め、内覧を行うことで、買主同士のライバル意識を高めるという戦略を取っています。

それにより値下げをすることなく、高値で早期に物件を売却することに成功しています。

またジーエーテクノロジーズでは、賃貸管理業務を行っているため、その知見を生かし物件を売却した方がいいのか、賃貸物件として貸し出した方がいいのか、物件売却価格と将来の家賃収入の想定の両方をシミュレーションし、より良い選択ができるように売主にアドバイスもしています。

不動産売却後の生活のフォローも行なっており、賃貸物件に住み替える場合は仲介手数料や家賃の1ヶ月分を半額にしたり、新規に物件を購入する場合は仲介手数料(物件価格の最大3%+ 6万円)を15%OFFにしています。

 

・GA(ジーエー)テクノロジーズで不動産を購入するなら

ジーエーテクノロジーズでは賃貸物件同様アナログな手法が主流である家探しを、リアルとテクノロジーを掛け合わせることで効率化させています。

理想の暮らし実現のため、物件探しからリノベーション、入居後のアフターサービスまでワンストップで提供しています。

収益物件の購入後の賃貸管理のサポートも行なっており、投資家へのアフターフォロー体制も盤石です。

更にジーエーテクノロジーズが売主として販売している物件では、仲介手数料を取っていないため初期費用を抑えることも可能です。

最大100%のローンを組むことも可能なため、自己資金が少ないからといって不動産購入を諦める必要もありません。事実ジーエーテクノロジーズの利用者の大半はサラリーマンやO Lで、不動産購入者の40%が年収700万円未満です。

 

・ジーエーテクノロジーズの不動産投資サポート

ジーエーテクノロジーズでは不動産投資物件購入後、オーナーが手軽に物件を管理できるようスマホアプリ「Renosy Insight(リノシーインサイト)」を開発しています。スマホ一つで、物件の状況を確認や契約書の管理までできます。

更にジーエーテクノロジーズの賃貸管理料は、家賃に関わらず月額1,000円(税抜)という安さで入居者募集から家賃集金・解約精算など管理業務を全て行ってくれ、滞納時の補償まで付いています。

投資は買って終わりではなく、買ってからが勝負です。始めての不動産投資は分からないことも多いですが、ジーエーテクノロジーズなら最後までしっかりとサポートしてくれます。

ジーエーテクノロジーズの管理戸数は、2018年時点で3000戸を超えており、2019年時点で入居率は、驚異の99.53%です。

様々な賃貸管理業務改善努力により、高い入居率を実現し、不動産オーナー、入居者双方にとって満足度の高い管理を実現しています。

 

GA(ジーエー)テクノロジーズの口コミ評価

ジーエーテクノロジーズは定期的に不動産投資に関するセミナーを開いていますが、セミナーの評判が非常に高いです。

顧問税理士が全5回に分け確定申告について説明してくれる確定申告セミナーや不動産市況に関してのセミナーなど数多く扱っています。セミナーの質が非常に高いので、セミナーの参加から始めてみることもお勧めです。

ジーエーテクノロジーズでは反響営業を行なっているので、セミナー参加後に一方的な営業電話がかかってくることもありません。セミナーに参加するとその後勧誘されそうというネガティブなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ジーエーテクノロジーズならその心配もありません。

ジーエーテクノロジーズのサービスを使用している不動産オーナーの口コミを見てみると、所有物件の管理・運用をスマホ一つで完結でき、賃貸管理の煩雑な業務が軽減されたという声がありました。ユーザーの利便性を向上させることに主眼を置いたアプリの登場で、今後大家業の形はより一層簡易なものに変わっていくことが予想されます。

 

GA(ジーエー)テクノロジーズのまとめ

ジーエーテクノロジーズでは、社員の1/3をITエンジニアとして採用するなど、不動産業界のI T化を推し進めることで、ユーザーの利便性向上を図っています。

業績も創業以来右肩上がりで、他社に比べ知名度は低いものの東証マザーズに上場しているため信頼感もあります。

不動産業界はI T化が遅れているため、今後のジーエーテクノロジーズの業界刷新力と将来性が期待されます。




簡易情報<厳選>PICKUP※WEBで調べた

株式会社 FGH

FGH は特にワンルームマンションの売却に強いという特徴があります。ワンルームマンションを売却に出しても、なかなか買手がつかず悩んでいらっしゃる不動産オーナーも多い中、FGH は売却までにかかる期間が他社より短いです。唯一、商標をもって「売却運用セミナー」を実施している会社です。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
毎月2回
手数料
3%

住友不動産販売

国内最大手の住友不動産の家は、自社が管理する木材が使用された品質の良さで高い評判を得ています。木そのものが持つ温かみ溢れる空間は口コミでもとても住み心地が良いと満足度が高いです。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
なし
手数料
3%

三井のリハウス

「初めて不動産の購入を考えているが、よくわからない」という方も安心して相談することができます。不動産の仲介業者は自社だけでなく他社の物件も紹介できますし、リハウスは自社だけでもかなりの数の売却依頼を持っています。


TV出演実績
あり
出版実績
出版中
海外展開
展開中
売却セミナー
不定期
手数料
3%